2019/12/6 09:05

地震多発で恐ろしすぎる都市伝説『関東がヤバい』『東京で震度6越えか』と震撼・・・

地震

12月に入ってから関東で地震が多発しています。秒刊SUNDAYが紹介するのは、関東での地震について。
震度3以上の地震が2日間で5回も発生しているのもあり、様々なメディアで注意喚起をしています。

「茨城南部の地震は首都直下につながる地震活動である可能性があり、もしも、首都・東京の真下が震源となれば、大地震となることも考えられるという」
という話も。

NHKでも地震特集が放送され、気象庁で注意を呼びかけたこともあり、ネット上でも今後大きな地震が来るのではないかと震える事態となっている様子。

また、いのしし年は災害当たり年という都市伝説も。
「いのしし年は地震と台風が多い。1923年関東大震災、1959年伊勢湾台風と宮古島台風、1983年日本海中部地震、1995年阪神・淡路大震災、2007年新潟県中越沖地震、2019年台風15号と19号」
確かに多いですね。しかし、いのしし年と災害は関連しないと思う、と東京大学名誉教授の笠原淳三さんは話しています。
災害に備えることは大切、準備をしっかりしましょう。

地震多発で恐ろしすぎる都市伝説が広まり関東がヤバいと震撼する事態に | 秒刊SUNDAY地震多発で恐ろしすぎる都市伝説が広まり関東がヤバいと震撼する事態に | 秒刊SUNDAY

編集者:いまトピ編集部