2019/12/2 21:33

今年のインフルエンザは「例年より〇〇」

風邪

国立感染症研究所は11月15日にインフルエンザが全国的な流行期に入ったと発表しており、これは例年より約1ヵ月早い。grapeでは、注射ではなく鼻にスプレーするだけでインフルエンザの感染を防ぐ、国産の経鼻ワクチンを阪大微生物病研究会が11月24日までに開発したと伝えている。従来の注射するワクチンは体内に入ったウイルスによる重症化を防ぐのが目的で、感染は食い止められなかった。これに対し経鼻ワクチンは、ウイルスが体に入る際に通る気道の粘膜のバリアー機能を高めるため、感染防御ができると考えられている。また流行したウイルスのタイプが予想と違った場合でも効きやすいとの研究結果もあるという。

鼻スプレーで“痛くない”予防が数年後にも?~インフルエンザ 例年より早い流行  –  grape [グレイプ]鼻スプレーで“痛くない”予防が数年後にも?~インフルエンザ 例年より早い流行 – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部