2019/11/22 20:49

新幹線で生後3ヶ月の赤ちゃんが母乳を求め泣き始めるも、と多目的室も使用中・・・車掌がとったまさかの行動に「神!」「素晴らしい」

新幹線

フリーアナウンサーの眞田佳織さんの子育てについてブログに投稿されたエピソードが注目されているとgrapeが紹介しています。
生後3か月の娘さんを東京から三重県まで新幹線で移動をすることになった眞田さん。帰りの新幹線で娘さんに母乳を求められたものの、「授乳ケープを使うのが下手だし、周囲にたくさん人がいるし…」と悩んでいると、娘さんが泣きだしてしまったそう。そこで、車掌に多目的室の利用を相談するも、多目的質は使用中。
しかし、代わりに従業員用の個室にパイプ椅子を設置してくださったのだとか。
『神!!!JR東海神!!
無事、ゆっくり授乳完了
普段ならそのままスヤァっといくのですが…全然いかん。目がらんらんとしとる。
しょうがないので、デッキでユラユラ。無心ユラユラ。30分経ってようやく就寝。
やっとゆっくり席に座れました』とのこと。
車掌さんの素晴らしい対応に拍手ですね。

新幹線で赤ちゃんが泣くも、多目的室が使用中! 車掌がとった行動が『神』だった  –  grape [グレイプ]新幹線で赤ちゃんが泣くも、多目的室が使用中! 車掌がとった行動が『神』だった – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部