2019/11/17 15:51

コーヒーを飲んで〇〇と感じたら「認知症の予兆あり」と医師が警告

コーヒー

「いつもと同じ分量で淹れたコーヒーが何となく薄くなったと感じたら、嗅覚障害を疑ってほしい」と医師はNEWSポストセブンでは伝えています。
鼻そのものではなく脳の機能不全によって生じる「中枢性嗅覚障害」など、“鼻の衰え”は重大疾患のサインとなるそうです。
認知症のアルツハイマー型やレビー小体型では、最初に嗅覚障害で匂いがわからなくなり、その後に物忘れなどが生じると言われます。
嗅覚はとくに衰えを実感しづらいので、「匂い」そのものよりも、嗅覚とも密接に関係する「味」の感じ方の変化に着目するのがよいそうです。

コーヒーの香りを感じにくくなったら認知症の予兆あり|NEWSポストセブンコーヒーの香りを感じにくくなったら認知症の予兆あり|NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部