2019/11/9 19:56

「1日三食は間違いだった!」〇〇の時間が「がん」「認知症」の予防に繋がる

食事

ヨムーノでは、「一日3食とるのが体にいい」は、間違いだったと取り上げています。
なんと、一日3食は、胃腸を疲れさせ、体の不調を招くそうです。
アメリカの研究によりと、食べすぎによる害から体を守り、健康や若さを維持する、シンプルな方法として、「ものを食べない時間(空腹の状態)を作ること」であるという結果が出ているのだとか。「糖尿病」「がん」「心血管疾患」「アルツハイマー型認知症」などの予防に効果的であることが述べられているのです。
また、「食事のバランス」と「運動不足」が原因で内臓脂肪もつきやすくなるそうです。
他にも、冷えは万病のもとといわれ、免疫力が落ちやすいのだとか。
背中がやわらかくなると冷えが消えるそうです。
いかがですか。ぜひ参考にしてください。

1日3食は危険? 内臓脂肪や冷え性で起こる体の異変・・・今日からできる改善法1日3食は危険? 内臓脂肪や冷え性で起こる体の異変・・・今日からできる改善法

編集者:いまトピ編集部