2019/10/19 16:09

ユニクロ「〇〇を冒涜してる」といちゃもんが付く→ユニクロ「全く無関係」と否定

ユニクロ

ユニクロが展開している広告が韓国で問題となっているとゴゴ通信では伝えています。
問題の動画はフリースの広告で、13歳の女性が98歳のおばあちゃんに対して「(おばあちゃんが)私の年齢のときはどんな格好をしていたの?」と尋ね「そんな昔のことは忘れたわ(I can not remember that far back)」と答えるという内容のもの。
しかし、おばあちゃんの返事の箇所を「80年以上過ぎたことを覚えてない」と意訳していた事を見たネットユーザーが、「韓国の日本植民地時代の80年前を覚えていない」「慰安婦を冒涜している」とこじつけたようだと記事では紹介しています。
これに対してユニクロは「98歳と13歳のモデルが世代を超えてユニクロフリースを楽しむという点をより直感的に伝達するために“80年”という数字を入れた。慰安婦問題や日韓関係の意図は全くなく、考えもしなかった」としており、そもそも広告は世界的に展開しているものだと説明しています。

ユニクロの広告に対して「慰安婦を冒涜してる」といちゃもんが付く ユニクロ「全く無関係」 | ゴゴ通信ユニクロの広告に対して「慰安婦を冒涜してる」といちゃもんが付く ユニクロ「全く無関係」 | ゴゴ通信

編集者:いまトピ編集部