2019/10/10 08:59

助手席女性が突然大きな悲鳴をあげると、太ももから流血…→その真実に、ネット騒然

怪我

79歳の男性が運転する車の助手席に座っていた44歳の介護ヘルパーの女性。車が静かに停止していたなか突然左太ももに激痛を感じ、そこからみるみる流血。大きな病院に搬送された女性から摘出されたのは銃弾でした。しかもそれは、男性が車のコンソールボックスに置いていた22口径の拳銃から放たれたもの。銃はサイレンサー付きで、踏切の騒音もあって2人とも発砲音にはまったく気づかなかったといいます。 引き金に関しては、「犬が体を伸ばして勢いよくコンソールボックスに飛び乗り、その瞬間に激痛と流血が起きました」と、語っています。人生、何が起きるか分からないですね。皆さんも、気をつけて下さい。以上、しらべぇからお伝えしました。

助手席女性がいきなりの流血 静かな車内でいったい何が起きた? – ニュースサイトしらべぇ助手席女性がいきなりの流血 静かな車内でいったい何が起きた? – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部