2019/9/18 08:47

ユニクロ、無印良品、ニトリが繁盛店になった理由が判明…「〇〇が狭い」

ユニクロ

近年繁盛している小売業のチェーン店、ユニクロ、無印良品、ハニーズ、しまむら、ニトリ。これらの共通点は、プライスライン(価格帯)がとても狭いとマネー現代が伝えています。
同じ商品、高いものから安いものまで、デザインも豊富に品ぞろえしてあるファッション店は商品ごとに品質と価格を比べる必要があります。その場合、買い物に時間がかかります。
その時間的・心理的な負担「考えるコスト」を減らす事が大事なのです。価格を1つか、せいぜい2つくらいにシンプルに設定されていると、お客に「どれを買おうか」と考える面倒な段階をスキップさせて、いきなり購買に誘導するというわけです。いかがでしょう、ぜひ参考にしてください。

ユニクロ、無印良品、ニトリ…繁盛店はなぜ「価格帯が狭い」のか?(小川 孔輔) | マネー現代 | 講談社(1/4)ユニクロ、無印良品、ニトリ…繁盛店はなぜ「価格帯が狭い」のか?(小川 孔輔) | マネー現代 | 講談社(1/4)

編集者:いまトピ編集部