2019/9/17 12:34

国が安全を認めている〇〇は「できるだけ食べない方がいい」健康食品に使われている事も・・・

食事

加工食品に使用できる「食品添加物」は、国が安全性を認めているものですが、摂取し続けることで健康を脅かす可能性が指摘されるものもあるとNEWSポストセブンでは紹介しています。
たとえば「カラメル色素」おいしそうに見せるための色付けとして使用されるものですが、「人工的に作られたカラメル色素はI~IVの4種類あり、IIIとIVの2種類に発がん性が疑われる物質『4-メチルイミダゾール』が含まれていますが、4種類のうちどれが使われているかまでは表記する決まりがありません。種類を見分けられないので、できるだけ避けた方がいいといえます」と消費者問題研究所代表の垣田達哉さんは語ります。
また「トクホ飲料にもカラメル色素使用のものが。脂肪の吸収を抑える効果があっても、そればかりを摂取し続けていると、発がん性のリスクがあることを意識してほしい」とも食品ジャーナリストの郡司和夫さんが伝えています。

健康食品に使用も 注意すべき添加物「カラメル色素」|NEWSポストセブン健康食品に使用も 注意すべき添加物「カラメル色素」|NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部