2019/9/16 13:40

超高齢出産の女性(74)お産を終えるも〇〇に・・・夫も心臓発作で集中治療室へ

赤ちゃん

70代のインド人女性が持ち続けてきた「母になる」という夢が実現に近づいたのは、昨年のこと。「体外受精で妊娠可能!」と医師団が判断を下したことで、ドナーの卵子、同じく高齢の夫の精子を使い妊娠に至った。そして先日ようやく無事に双子の赤ちゃんが誕生し、女性の夫は「最高に幸せな夫婦です」と父になった喜びを明かしていた。しかし誕生からほどなくして、夫は心臓発作を起こしてしまい、集中治療室に送られることに。また母になった女性の健康状態もなかなか回復せず、術後から今に至るまで集中治療室に入ったまま。夫妻に同情する声は少なく、批判的なコメントもインターネットには多数書き込まれている。

超高齢出産の女性(74)が体調不良 夫も心臓発作で集中治療室へ – ニュースサイトしらべぇ超高齢出産の女性(74)が体調不良 夫も心臓発作で集中治療室へ – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部