2019/9/12 13:24

熱中症・車中泊のエアコン要注意...「〇〇な人は出来るだけ避けた方がいい」命の危険性も

車

日中だけではなく、夜も危険性が高いと言われている熱中症。台風による停電で、エアコンが使えない状態が続き、車中泊をしてる人も決して少なくはないでしょう。車中泊をする際、座席に長時間座って足を動かさずにいると「エコノミークラス症候群」が起こる危険があるのだそう。対策としては、「車内で足を上げたり、4、5時間おきに車外に出て足を動かしたりして、血の塊ができないようにすることが大切」。そして、エコノミークラス症候群になった経験がある人や、血をサラサラにする薬を飲んでいるなど心臓の病気のある人は「車中泊は避けた方がいい」といいます。以上、朝日新聞デジタルで伝えられています。

台風で停電、熱中症どう防ぐ 車中泊のエアコンにも注意:朝日新聞デジタル台風で停電、熱中症どう防ぐ 車中泊のエアコンにも注意:朝日新聞デジタル

編集者:いまトピ編集部