2019/8/22 19:05

昼間に「異常に〇〇になる人」はアルツハイマーになる可能性

昼

昼間に過剰に眠たくなることは、アルツハイマーの初期症状である可能性が高いとナゾロジーでは伝えています。
アルツハイマー患者は記憶障害を起こす以前に、まず昼間の睡眠が増加することが報告されているそうです。
覚醒状態の促進に関与する3つの脳領域すべてが、アルツハイマー患者において大きく退化している事が明らかになったという事です。

「昼間の異常な眠さ」はアルツハイマーの初期症状である可能性 | ナゾロジー「昼間の異常な眠さ」はアルツハイマーの初期症状である可能性 | ナゾロジー

編集者:いまトピ編集部