2019/8/18 10:30

エアコンの冷房、電気代を本気で節約するには・・・

エアコン

もはや国民のほとんどがエアコンなしでは生きていけない、そんな猛暑大国の日本ですが、気になるのが冷房費。部屋が涼しくても、電気代がヒートアップでは、やはり家計は夏バテ気味に。そこで冷房の節約術、調べてみました。設定温度やカーテン、室外機や風向きの調整、また24時間つけっぱなしのほうが電気代が安くなるのか?という説など

エアコンの冷房に関する節電ポイントを以下に抜粋してみました。

(1)設定温度は28℃
(2)フィルターの掃除はこまめに
(3)カーテンで外気を防ぐ
(4)室外機の周囲にモノを置かない
(5)風向きを調整する

エアコン自体は年々進化し、省エネ性能も向上しています。自動運転によるお任せが、もっとも省エネに効果的ともいえるでしょう。それでも、個人でこれだけできることがあるということです。
さて、エアコン節約術にはもうひとつ気になるものがあります。それは、SNS上でも話題になった「エアコンはつけっぱなしのほうが得」という説。

おそらく、エアコンのON・OFFにおける節電問題は、その行為自体だけでは断定できないというのが、正解だと思われます。
エアコンの性能はもちろん、部屋や住宅の向き、あるいは使用する時間帯は日中なのか、夜なのか。時間帯により電力量料金単価が異なるメニューにしている世帯とそうではない世帯でも、当然差は出ます。

つけっぱなしが節電に効果的かどうかは、皆さん各自の条件、環境の中で試すしかないようです。ともあれ、エアコンは賢く使いたいもの。電気代を抑えたいばかりに、使用そのものを控えると熱中症になりかねません。その点だけは、くれぐれもご注意ください。BIGLOBEニュースが伝えてくれました。

エアコンの冷房、電気代を本気で節約するには?(2019年8月17日)|BIGLOBEニュースエアコンの冷房、電気代を本気で節約するには?(2019年8月17日)|BIGLOBEニュース

編集者:いまトピ編集部