2019/8/17 18:12

「子どものため・・・」「〇〇しなくちゃ」と思っている人は「毒親」になってるかも

育児

育児をしていると、「自分が毒親になっていないだろうか」と不安に感じてしまう場面もあるでしょう。LIMOでは、毒親に当てはまるタイプやしつけに対する考え方を紹介しています。
まず、「毒親」は4パターンあるそうで、
・過干渉、統制タイプ…何でも先回りし、子どもに「こうすべき」と指示する
・無視タイプ…ワーカホリズム(仕事依存)の親などに多い。ネグレクトも含む
・ケダモノのようなタイプ…暴言・暴力といった虐待、性的虐待など
・病気の親…精神障害や反社会性人格をもった親など
以上です。
しつけで大事なこと、心がけるべき点として、「子どもの自尊心」を意識することだそうです。
自分のためにも子どものためにも、日ごろからストレス解消に取り組んでみてはいかがでしょうか。

「毒親」は4タイプに分類される!? 当てはまる行動をしないために大切なこと | LIMO | くらしとお金の経済メディア「毒親」は4タイプに分類される!? 当てはまる行動をしないために大切なこと | LIMO | くらしとお金の経済メディア

編集者:いまトピ編集部