2019/8/15 07:54

ディズニーランド「プライバシーを侵害している」「下心が見え隠れする」と批判

遊園地

中国の大学生が食べ物を持って上海ディズニーランドへ入場しようとしたところ、スタッフからかばんを開けての検査を求められたうえ、「80元(約1200円)支払って預けるか、その場で食べるか、捨てるかしなければ入場させられない」と告げられた。後日、大学生はこの件を不服として裁判所に訴えを起こしました。
この問題は中国のネットでも議論を呼び、一部のメディアは「かばんを開けての検査は来園客のプライバシーを侵害している」「テーマパーク側に園内の高額な飲食物を買わせようという下心が見え隠れする」などと指摘したとレコードチャイナでは伝えています。
上海ディズニーランド側は「食べ物の持ち込みに関する規定は、中国の大部分のテーマパークやアジアにあるその他のディズニーランドと同様です。我々は、お客様のために清潔で美しいパーク内環境を生み出せるよう尽力しています」と声明を発表しています。

上海ディズニーランドの食べ物持ち込み検査に弁護士がコメン...|レコードチャイナ上海ディズニーランドの食べ物持ち込み検査に弁護士がコメン...|レコードチャイナ

編集者:いまトピ編集部