2019/8/14 19:02

ディズニー「〇〇を持ち込んで訴えられる」⇨「差別だ!」の声も

飲み物

上海にあるディズニーリゾートが、現地の大学生に訴えられた事件が話題を呼んでいる。2019年の初めごろ、上海のディズニーリゾートに入場しようとしたところ、荷物検査で飲食物を持っていたことが発覚。一日80元(約1300円)もするロッカーに預けるわけにもいかず、その場で捨てざるを得なくなったという。そのためこの大学生は、捨てた飲食物にかかった費用の賠償や、「飲食物の持ち込み禁止」としたディズニー側の規則が無効であることの確認を求めている。規則では「食品と飲料は入園前に食べきることをお勧めします」とありますが上海ディズニーの規定が中国人への「差別」ではないかと指摘されたことも拡大の要因となっている。本場・アメリカのディズニーランド(ウォルト・ディズニー・ワールドリゾート)では原則的に、キャストに告げることで飲食物の持ち込みが許可されている。と「ハフポスト」が伝えています。

上海のディズニーリゾート、大学生に訴えられる。飲食物の持ち込みチェックに「差別的だ」との声も | ハフポスト上海のディズニーリゾート、大学生に訴えられる。飲食物の持ち込みチェックに「差別的だ」との声も | ハフポスト

編集者:いまトピ編集部