2019/7/22 08:22

〇〇は発症してしまうと「100%死に至る」…年間5万人が死亡

死

夏休みで海外に行く人も増えるこの時期。そこでオトナンサーが紹介するのは、恐ろしい「狂犬病」について。
野生動物がウイルスを保有し、犬にかみついた際に感染するのが一般的な狂犬病。2週間から2カ月程度の潜伏期を経て発症、興奮状態や不安状態、錯乱、水を怖がるなどの脳炎症状を呈し、最終的には昏睡から呼吸停止を起こして死亡してしまうそう。
旅先でむやみに動物に触らない、渡航前に狂犬病ワクチンの接種を行っておくことが推奨されます。発症してしまうと100%死に至り、世界で年間5万人強の人が狂犬病によって命を落としているので気をつけましょう。

海外で死者も…実は恐ろしい「狂犬病」の感染経路と症状、かまれた際の対処法 | オトナンサー海外で死者も…実は恐ろしい「狂犬病」の感染経路と症状、かまれた際の対処法 | オトナンサー

編集者:いまトピ編集部