2019/7/17 18:51

「スパイダーばあさん参上」まさか過ぎる、その正体とは

ばあさん

ロシアにある建物内で、窓の敷居に立ち、せっせと窓拭きに励む老婆がいた。老婆がいた部屋は4階にあり、地上から約15メートルの高さ。そのため、うっかり窓から落ちないよう気を付けながら掃除をしていたものの、身を乗り出した瞬間に、老婆は足を滑らせてしまったという。

そのまま地上に真っ逆さまに転落かと思いきや、片方の足首が運良く窓のくさびに引っかかり、そのまま宙吊り状態になったとのこと。

窓から吊り下がった状態の老婆は救いを求めることもできなかったというが、偶然その姿を見た人たちは「スパイダーマンならぬスパイダーばあさんだ!」と驚き、通報。レスキュー隊が慌てて現場に向かい、老婆の救出を試みた。

一刻を争う状態のなか、隊員のひとりがハシゴをよじ登り老婆に接近し、「大丈夫、助けます」。その間に他の隊員が老婆の部屋を見つけ突入し、老婆を無事に室内に引っ張り込んだのだそう。九死に一生を得たミラクルなおばあさんの救出劇をニュースサイトしらべぇが伝えています。

「スパイダーおばあさん!」 九死に一生を得た老婆の体験とは – ニュースサイトしらべぇ「スパイダーおばあさん!」 九死に一生を得た老婆の体験とは – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部