2019/7/17 14:33

ベビーカーの中は熱中症になりやすいので要注意・・・

ベビーカー

体温調節機能が未発達な乳幼児にとって、夏は大人以上に熱中症になりやすいと言われています。ベビーカーでも抱っこ紐でも夏は熱中症対策が必要であるとLOMOが伝えています。
特に前向きのベビーカーだと移動中は子どもの顔が見られないので、様子をうかがうタイミングを逃してしまいがち。実は立っている大人よりも、子どもがいるベビーカーの位置の方が、地面からの照り返しの影響を受けやすいため温度が高くなってしまうのだとか。環境省によれば2度も温度が高くなっているそうです。なので、気が付いたら子どもが暑さでぐったりしていた…という事態も起こります。
ただ、ベビーカーで休憩がしづらいという声もしばしば。しかしこの夏ではそんな声のためにサービスを充実させようという動きが出でいるようです。少しでもベビーカーでも過ごしやすい夏になるといいですね。

ベビーカーでは子どもの熱中症に要注意。だけど休憩する場所に困る! そんな声に応えるサービスを始めたアサヒ十六茶 | LIMO | くらしとお金の経済メディアベビーカーでは子どもの熱中症に要注意。だけど休憩する場所に困る! そんな声に応えるサービスを始めたアサヒ十六茶 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

編集者:いまトピ編集部