2019/7/15 13:13

「新品の〇〇を奪われ砂の中に埋められた」⇨その後の姿に「絶句」

汚れ

とあるアンケートで「きれいなものを見ると汚したくなる」と答えた人は、全体で8.1%と少ない割合であった。粋に手持ちのものがきれいすぎると恥ずかしいので、わざと使用感を出す人や、実際に「子供の頃に海に遊びに行ったとき、新しいビーサンを友達が奪って砂の中に埋めた。すぐに掘り出したけれど、ビーサンは砂まみれになって新品とは思えない姿に。そいつはその後、新しいスニーカーを履いている友達の靴にも大量の砂をかけて問題になったので、新品を見ると汚したくなる性分だったのだろう」といった意見もありました。他人のものや人そのものを汚すのはやめたほうがいいですね。以上を「しらべぇ」が紹介しています。

清純そうな人の裏を暴きたい? きれいなものを汚したくなる衝動の特徴とは – ニュースサイトしらべぇ清純そうな人の裏を暴きたい? きれいなものを汚したくなる衝動の特徴とは – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部