2019/7/11 13:21

平均51歳で発症する「若年性認知症」→〇〇を忘れてたら兆候かも

悩み

急速な勢いで進む高齢化にともない、認知症に悩む人も増加しています。
発症の平均年齢は51.3歳と意外に若く、早期発見が重要です。
日刊SPA!によると、たとえば会社員なら『17時の会議を忘れて帰宅する』『会社支給の重要機材を放置』といったケースが兆候ですが、普段の生活は99%まっとうなので、家族はまず気づかないということです。
些細な兆候に注意しましょう。

            平均51歳で発症する若年性認知症「会議を忘れてた」が兆候かも | 日刊SPA!        平均51歳で発症する若年性認知症「会議を忘れてた」が兆候かも | 日刊SPA!

編集者:いまトピ編集部