2019/6/25 19:13

「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」筋トレの燃料になるのは?

かき氷

甘いモノは選び方と食べるタイミング次第で、トレーニングの燃料になります。

まず選び方ですが、体を絞っている時に避けたいのは、「高脂質・高糖質」の食品。この条件が揃うと太りやすいためです。アイスは乳成分の量によって種類が異なり、乳脂肪分が高い順から、「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」の4種類に分けられます。まず、乳脂肪分が最も高い「アイスクリーム」は選ばない方が賢明。次の「アイスミルク」も避けた方がいいでしょう。

食べるなら、乳脂肪分ゼロの「氷菓」です。かき氷やアイスキャンディーの類ですね。糖質の含有量が高いだけであれば、すぐに筋トレで消費してしまえばいいので、食べても割りと問題ありません。

甘いものを食べるベストのタイミングは、筋トレの前後です。とTHE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイトで紹介されています。

頑張れない時は、甘いモノを食べてモチベーションをあげてみてはいかがでしょうか?

甘いモノも筋トレに生きる? トレーニングの燃料に変える、賢い選び方と食べ方を知れ | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト甘いモノも筋トレに生きる? トレーニングの燃料に変える、賢い選び方と食べ方を知れ | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

編集者:いまトピ編集部