2019/6/15 08:45

「女性がお風呂場で死亡」⇨原因は、誰もが日常的に使うアレだった

びっくり

ロシア・モスクワのアパートで暮らす20代の女性がバスルームで命を落とした。診察した医師の所見をもとに、現場にあったヘアドライヤーによる感電事故死と断定したことを、ロシアのメディアが報道。連日、ごく普通にバスルームで使用しているヘアドライヤー。しかし貼られているシールの「感電・火災のおそれあり」という部分を読むと、浴室や湿気の多い場所での使用、濡れた手での使用やプラグ操作、そして置き場所にも十分な注意が必要であることがわかる。トイレ・バス・洗面がひとつになったユニットバスルームでは特に気をつけたほうがよさそうです。と「しらべぇ」が伝えています。

20代女性がバスルームで不慮の事故死 原因は誰もが日常的に使うアイテムだった – ニュースサイトしらべぇ20代女性がバスルームで不慮の事故死 原因は誰もが日常的に使うアイテムだった – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部