2019/6/12 14:20

生の〇〇を食べると「蒸し暑くても体の熱が下がる」

夏

体を温めるイメージが強いしょうが。そこで女性自身が紹介するのは、この季節のしょうがの食べ方について。
しょうがは加熱せず生で食べることで、体にこもりがちな熱を下げる効果があるそうです。体を温める『ショウガオール』は加熱によって生まれる成分であり、加熱前は『ジンゲロール』と呼ばれ、強い発汗作用が特徴。汗をかけないのは熱中症や暑さ疲れ、免疫力の低下、肌の乾燥など、夏の不調の要因。夏こそしょうがを積極的に食べると良いそうです。

蒸し暑い季節に、体の熱を下げる「発酵生しょうが」のすすめ | 女性自身蒸し暑い季節に、体の熱を下げる「発酵生しょうが」のすすめ | 女性自身

編集者:いまトピ編集部