2019/6/5 15:35

幼児期に〇〇した子供は「難関大学に合格しやすい」

勉強

幼児期に自分がやりたい遊びをたっぷりやれている子は、非認知能力(自分がやりたいことを自分で見つけて目標設定する能力、それに向けて努力を続ける能力、粘り強さ、やり抜く能力、自己コントロール力、他者を思いやる能力、他者と協力する能力、感謝する能力など)が育ち、それが将来の学力の向上や収入アップにつながるとまぐまぐニュースでは紹介しています。

なぜ、幼児期にたっぷり遊べた子は難関大学に合格しやすいのか? - まぐまぐニュース!なぜ、幼児期にたっぷり遊べた子は難関大学に合格しやすいのか? - まぐまぐニュース!

編集者:いまトピ編集部