2019/5/13 17:13

もらえるお金が段違い「年金をもらうタイミングで1000万円の差」

お金

「60歳」「65歳」「70歳」と年金をもらうタイミングを選択します。そこでNEWSポストセブンが紹介するのは、「健康寿命」を基準とした考え方。
厚生年金の標準モデル(夫の年額約188万円)で計算すると、60歳受給なら約132万円、70歳受給を選ぶと約266万円と計算上は2倍。そして、日本人の健康寿命は男性72歳。
72歳までの年金総額を比べると、60歳受給の約1577万円(12年分)に対して70歳受給を選んだ場合は約532万円(2年分)で約1000万円の差に。
「元気なうちに繰り上げ受給し、人生を豊かにするために年金を使うのはひとつの卓見」とのことです。

“健康寿命”までにもらえる年金、60歳からと70歳からで1000万円の差|NEWSポストセブン“健康寿命”までにもらえる年金、60歳からと70歳からで1000万円の差|NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部