2019/4/1 15:28

リードなしで犬の散歩をしている飼い主に「困ります」と伝える→まさかの返事に「そういうことじゃない!」

犬

犬を散歩させるときは、リードをしっかりと持って歩くのが常識ですが...
いまトピが紹介するのは、Twitterで注目を集めている、丸原 (@maruharr)さんが投稿したこんな出来事。

投稿者の丸原さんが散歩していると、リードを付けていない犬を連れた女性が歩いてきたそうです。その犬は丸原さんの足元にまとわりついてきたそうで、「あまり好きじゃなくて…困るんです」と伝えると、返ってきたのは「何もしないから大丈夫」の言葉。

この投稿にtwitterでは「そういうことじゃない!」の声がたくさんあがっています。
この女性は、犬が苦手な人もいるということを考えていないのでしょう。犬が近づいた人がもし犬のアレルギーを持っていたら、命に関わることもあります。
いくら「何もしない」と思っていても、リードなしで散歩させるのはやめ他方が良いでしょう。愛犬家の皆さんは気をつけてくださいね。

リードなしで犬の散歩をしている飼い主に「困ります」と伝える→まさかの言葉を返され「何か悪いことが起こればいいのに」 - いまトピリードなしで犬の散歩をしている飼い主に「困ります」と伝える→まさかの言葉を返され「何か悪いことが起こればいいのに」 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部