2019/2/11 13:19

お風呂の前に〇〇を飲むと「発汗作用を高める」

お風呂

リラックスできる「おススメなお風呂の入り方」について、『CoCoKARAnext』が紹介しています。
・お風呂の環境を整える
お湯の量は湯船に座った時、胸の高さ程度に保つのがベスト。お湯の温度は38度~40度に保ちます。この湯温は副交感神経を刺激しリラックスできる温度です。この温度を保つことで、入浴時における血圧トラブルを防ぐことができます。
・実際に入浴する時に
お風呂に入る前に、コップ1杯程度の常温水を飲むとよいでしょう。これには、入浴中の発汗作用を高める効果と、水分不足による体調不良を予防する効果があります。38度~40度程度のお湯に10分間じっくりつかることで、湯船から上がった後も体がほかほかの状態を保てます。
また、一工夫として、入浴剤を使うこともおすすめしています。日ごとに、種類を変えてみると、毎日のお風呂が、より楽しくなるかもしれませんね。

リラックスのつもりが逆に疲れてる?おススメなお風呂の入り方|CoCoKARAnext(ココカラnext)リラックスのつもりが逆に疲れてる?おススメなお風呂の入り方|CoCoKARAnext(ココカラnext)

編集者:いまトピ編集部