2019/2/10 08:38

くら寿司が「炎上店員」に法的処置⇨その理由に「いいぞ」「カッコいい」の声

寿司

2019年2月、くら寿司の店員がさばいた魚をわざとごみ箱に投げ入れ、再び調理台に戻す動画がInstagramに投稿されました。動画はネット上で拡散され「不衛生すぎる」「この魚を客に出したのか」といった批判が殺到し、『炎上』しました。同月6日、くら寿司はウェブサイトで騒動の経緯について説明。不適切行為をとったアルバイト2人を特定し、動画内で捨てられた魚は客に提供していないことを確認しました。くら寿司は、2人に対して、法的措置を取り、その理由として、「従業員の信頼回復のため」「同様の事件の再発防止をするため」を挙げています。
この対応に対して、ネットでは、
・遊び半分で撮った動画を投稿し、企業の社会的信用を失墜させたんだから、しかるべき処置。
・いいぞ、くら寿司。一企業だけでなく、飲食業界全体への信用問題だからね。
・当然の対応ですね。このことがもっと拡散されて、再発防止につながることを望みます。
・「働いている店員の信頼回復のため」ってカッコいいと思う。
ーーーと、称賛の声が寄せられていると、『grape』が伝えています。

くら寿司が『炎上店員』に法的措置 その理由に「素晴らしい!」「カッコいい」  –  grape [グレイプ]くら寿司が『炎上店員』に法的措置 その理由に「素晴らしい!」「カッコいい」 – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部