2019/1/23 14:32

みそ汁に〇〇を入れると「腸の健康にいい」

味噌汁

色々な食材を日常の食卓に入れようとするのは難しいですよね。そんな時はみそ汁を具沢山にすると良いそう。そこでつやプラが紹介するのは、腸活のうえでもおすすめの「お味噌汁に入れたい具材」。
(1)『納豆』…和の腸活食材の代表選手。大豆由来の食物繊維と納豆菌という有用菌を一緒に摂ることができる。 
(2)『卵』…卵は、タンパク質のバランスのよい食材。充分に温めたお味噌汁に卵を落とし、フタをして蒸せば、美味しい半熟卵入りのお味噌汁ができあがり。
(3)『もち麦』…もち麦は、善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維が多い。 
(4)『アボカド』…アボカドには、「腸内細菌のエサとなる水溶性食物繊維」「腸のぜん動運動をサポートする不溶性食物繊維」「抗酸化力の高いビタミン」など、美容と健康に役立つ栄養素が詰まっている。 
(5)『切り干し大根』…切り干し大根は、大根を干しているため食物繊維が凝縮されている。

以上です。是非、腸活の為に取り入れてみては。

納豆も!?腸活に役立つ「味噌汁に入れたい食材」5つ | つやプラ - つやっときらめく美をプラス|40代からのエイジングを前向きに納豆も!?腸活に役立つ「味噌汁に入れたい食材」5つ | つやプラ - つやっときらめく美をプラス|40代からのエイジングを前向きに

編集者:いまトピ編集部