2019/1/17 13:06

子供を「褒めてはいけない」理由にハッとする

子供

子供を「ほめて伸ばす」と、自己肯定感のある性格になるといわれています。
例えば、子供が掃除に興味を持った時、親はこの「大人から見て望ましい行為」が習慣づけばいいなと考え、褒めます。
しかし、褒める事で子供は「褒められるためにやる」ようになり、褒められないとやらなくなってしまう事もあります。
子どもの『行動』をほめるのではなく、掃除に「面白そう」と興味を持った子どもの『主体的な姿』を見て内的動機をほめてみてはいかがでしょうか、という保育者のイラストをgrapeでは紹介しています。
この投稿に、子どもを持つ人や保育士から「いままでの言動を振り返って反省した」「子育てに限らず仕事においても大事」というコメントが寄せられたそうです。

保育者の『子どもが「いいこと」をした時の対応』にハッとする 「考えさせられる」の声  –  grape [グレイプ]保育者の『子どもが「いいこと」をした時の対応』にハッとする 「考えさせられる」の声 – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部