2019/1/13 13:05

冬のお風呂で「年寄りが○○する理由」にゾッとする

風呂

医師によると、冬にお風呂の事故が多い理由は気温が低いこと、乾燥や体感温度の低さから喉の渇きを感じにくく、水分不足になることだそうです。また、いつのまにか多く汗をかいているため、隠れ脱水状態になっているのだとか。入浴では500mlくらいの汗をかくため、脱水状態で入浴すると血液がドロドロになり、入浴で上昇した体内の熱を放出できないため、熱中症を引き起こします。また、血液がドロドロだと血栓ができやすくなるため、心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まるそう。特に小さい子どもやお年寄りは注意が必要だと、「みんなの暮らし日記ONLINE」が伝えています。

入浴中の事故を防ぐ、お風呂の入り方:みんなの暮らし日記ONLINE入浴中の事故を防ぐ、お風呂の入り方:みんなの暮らし日記ONLINE

編集者:いまトピ編集部