2019/1/12 14:15

生理中の〇〇は「ホルモンの影響」

生理

生理中は、不公平だと思うことばかりですよね。生理痛やおなかの張りを感じたり、さらにはトイレに行く時間が長くなることも。なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか。科学的には、生理周期中はプロスタグランジンと呼ばれるホルモンが分泌され、子宮が収縮すると言われています。このホルモンが、ときに腸に入って腸の収縮を促すため、それによって便通が多くなるのです。では、どうしても多くなってしまう排泄の時間を、いかに効率よく過ごせばよいのでしょうか。なんと、排便をする際は、便器に座ったときの90度の姿勢ではなく、地面でスクワットするときのような45度の姿勢が最も効果的だ、ということが科学的に証明された、と、『MYLOHAS』が伝えています。

生理中はなぜゆるい? 理想的なポーズは? うんちに関する正しい知識 | MYLOHAS生理中はなぜゆるい? 理想的なポーズは? うんちに関する正しい知識 | MYLOHAS

編集者:いまトピ編集部