2019/1/12 13:58

恵方巻き、農林水産省が『異例』の通達→「よくやった」「ついに…!」と称賛の声

恵方巻

節分の日といえば『豆まき』のイメージがありますが、近年は恵方巻きも全国的に広まってきた印象です。しかし、その裏では、売れ残った恵方巻きが大量に廃棄されるという悲しい現実が広がっています。2019年1月11日、この現状を問題視した農林水産省が、流通業界に対し異例の通達を行ったとして話題を呼んでいます。
その内容が、こちら。『農水省は日本チェーンストア協会など7団体に対し、恵方巻きの需要に見合った販売について会員企業に周知するように要請した。文書では、大量廃棄を回避したスーパーの取り組みも紹介。折り込みチラシで恵方巻きの大量生産について「もうやめにしよう」と呼びかけ、消費者に欠品が生じる可能性についての理解を求めたという。』
これに対し、ネットでは、「よくやった」「ついに…!」と称賛の声のほかに、
・こんな売りかたは、もうやめるべきだ。
・企業側だけでなく、消費者である私たちの生活スタイルの見直しも必要。
・食品の大量廃棄は、恵方巻きに限ったことではないけどね。
ーーーといった、声も寄せられていると、『grape』が伝えています。

恵方巻き、農林水産省が『異例』の通達 背景には深刻な問題が…  –  grape [グレイプ]恵方巻き、農林水産省が『異例』の通達 背景には深刻な問題が… – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部