2019/1/12 08:14

親しい人に○○すると「関係が崩壊する」

ケンカ

とある調査によると、友人や家族からお金を借りた人の75%近くが全額を返済していないことが明らかになっています。お金を貸す場合には、返してもらうことを期待せず、あげるものだと考えたほうがいいそう。また、返済が遅れることが続けば、あなたの親しい人にとってあなたは、実質的に「借金取り」になります。その事実は2人の関係に影響を及ぼし、関係が永遠に崩壊することも。友人や家族にお金を貸すなら、借用書を作成することを含め、「適切な方法」でそれを行う必要があるのだとか。さもなければ、お金を貸したことはなかったも同然になると、「Forbes JAPAN」が伝えています。

身近な人にお金を貸してはいけない6つの理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)身近な人にお金を貸してはいけない6つの理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

編集者:いまトピ編集部