2019/1/2 19:40

小学生「僕の願いはスマートフォンになること…」⇒その理由に、「涙が止まらない」の声

スマホ

シンガポールのサイトに投稿された、小学校教師として働く女性の体験談を、『 BUZZmag』が紹介しています。子どもたちに「自分の願い」というお題で作文を書いてもらった中に、こんな作文を見つけた女性。
「ぼくの願いはスマートフォンになることです。なぜなら、ぼくのママとパパはスマートフォンがとても大好きだから。ママとパパが大事な仕事をしていてスマートフォンが鳴り出したら、1回鳴っただけでもすぐに電話に出ます。ぼくが泣いているとき、そんな風にはしてくれないのに。スマートフォンで誰かと話しているとき、ぼくが何か伝えたいことがあっても、ぼくの話を聞いてくれません。だから、ぼくの願いはスマートフォンになることです。」
なんと、この作文を書いたのは、その女性の息子だったそう。スマートフォンとの付き合い方を、見直さなくてはと感じさせられる投稿ですね。

『ぼくの願いは』 小学校教師が涙をこらえきれなかった作文。その作者は… | BUZZmag『ぼくの願いは』 小学校教師が涙をこらえきれなかった作文。その作者は… | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部