2018/12/16 14:19

○○をクリーニングに出す人は要注意「ボロボロになる可能性も…」

洗濯

最近は、縫い目のあるダウンのほか、シームレスやノーステッチの加工をしたダウンが多くなっています。シームレスダウンは、テープの貼り付けにポリウレタンの樹脂を圧着剤として使っているため、ドライクリーニングはできないそう。ダウンを洗うウェットクリーニングならできますが、ポリウレタンは3年ほどで寿命となり、テープが剥がれるリスクもあるのだとか。それを覚悟してもクリーニングに出すか、汚れていても着続けるか、最終的には客の判断になり、ダウンはドライクリーニングができる場合もありますが、ほつれなどが発生する恐れがあるため、店をよく見定めることが必要だと、「J-CASTニュース」が伝えています。

全文表示 | ダウンのクリーニングで「ダメージ出る恐れ」 注意点を業界団体に聞いた : J-CASTニュース全文表示 | ダウンのクリーニングで「ダメージ出る恐れ」 注意点を業界団体に聞いた : J-CASTニュース

編集者:いまトピ編集部