2018/12/15 13:02

○○を食べない人は「インフルエンザにかかりやすい」

野菜

とある調査によると、ビタミンDを摂取している人ほど、インフルエンザの発症リスクが低くなることがわかりました。ビタミンDには風邪に対する保護作用があり、適切なビタミンDの摂取は人体に安全であることが明らかになったそうです。これからの季節におすすめのビタミンDメニューは、「石狩鍋」「サーモンといくらのスパゲッティ」。サーモンといくらのスパゲッティは旬のホウレンソウを加えれば、ビタミンDだけでなく風邪対策に有効なビタミンCも一緒に摂ることが可能だと、「HugKum」が伝えています。

ビタミンDを摂取すれば、インフルエンザ対策に有効!ビタミンDが摂れるおすすめレシピも | HugKum【小学館公式】ビタミンDを摂取すれば、インフルエンザ対策に有効!ビタミンDが摂れるおすすめレシピも | HugKum【小学館公式】

編集者:いまトピ編集部