2018/12/10 09:22

医者が「がんで死にたい」理由に目からウロコ...「1番嫌なのは〇〇病」

医者

実は「がんで死ぬのは怖くない」という医療関係者は多くいます。その理由のひとつは、患者が想像しているほど「痛い病気ではない」ということ。がんの痛みは年齢によって異なり、年をとればとるほど穏やかになります。がんの部位によっても痛みは異なり、特に痛みが少ないといわれるのが「肝がん・腎臓がん」です。一方で、苦しい最期を迎えるといわれる病気が「肺炎」。心不全もまた、“痛い病気”として知られています。肺の血流が悪化して肺水腫を併発すると、地獄の苦しみが待っていると言われています。
単純に比較することはできませんが、がんはこれらの病気に比べて、“穏やかな最期”を迎えやすい側面があります。「治療技術の革新」によって、がんの痛みや治療時のつらさも軽減されるようになってきたのです。以上をNEWSポストセブンが紹介しています。

医者が「がんで死にたい」理由 脳卒中、心臓病との違いは?│NEWSポストセブン医者が「がんで死にたい」理由 脳卒中、心臓病との違いは?│NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部