2018/12/6 14:00

日本人は「生理」を◯◯にしすぎている⇨海外では「夫がナプキン買ってくるのも当たり前」

生理

zakzakで、ロシア生まれ関西育ちの男性が「日本人と生理について」語っています。
最近、SNSでよく生理や出産など「女性の大変さ」についての投稿が話題になります。世界的にも女性の社会進出の波の中で同じような現象は起きていますが、「生理が大変」という点で男女が対立することは滅多にないといいます。
その理由は、おそらく日本人の「生理に向き合う姿勢」。普段の生活で「生理」という単語をあまり使わず「女の子の日」「あの日」などと濁したり、まるで麻薬の取引をするかのようにヒソヒソ声で話しているから「匿名のSNSでなら不満が言える」という状態が出来上がっているのではないでしょうか。
ロシアでは、女性が平気で「今日は生理でイライラするから、くだらないダジャレは言わないで!」などと男性に言っている光景をよく目にするし、妻が夫に「ナプキン買ってきて」とおつかいを頼むことも普通だといいます。なので、奥さんがどんな生理用品を使っているかを把握しておくのは、ロシアの男性の間では常識なのだそう。
日本もロシアのように、生理についてオープンに話せる雰囲気になってくれば良いですよね。

【外国人が見るニッポン】「生理」について男女で対立するニッポン人 (1/3ページ) - zakzak【外国人が見るニッポン】「生理」について男女で対立するニッポン人 (1/3ページ) - zakzak

編集者:いまトピ編集部