2018/12/5 08:36

「はがれかけの◯◯◯を放置している人」は死の危険がある

ネイル

先日、ある海外のメタルバンドのメンバーが緊急手術を受けるためにライブを中止に。その原因がなんと「マニキュア」だったといいます。
どうやら、剥がれかかったマニキュアは爪の上で多数の微生物の発育を助けてしまう作用があるため、古くなったマニキュアは早めに除去しないと危険なのだそう。抵抗力が低下していると、ネイルアートも感染源になる可能性があるといいます。
彼の場合、マニキュアを塗っていた右手の親指が電球ほどのサイズに腫れ上がってしまい、しばらくは「お尻を拭くこともできなかった」のだそう…。ライブを中止せずに治療していなければ、命の危険もあったといいます。
はがれかけたマニキュアは、なるべくすぐに落とすようにしてくださいね。『女子SPA!』が伝えています。

マニュキュアの感染症で死にかけた…カリスマロッカーの場合 | 女子SPA!マニュキュアの感染症で死にかけた…カリスマロッカーの場合 | 女子SPA!

編集者:いまトピ編集部