2018/11/21 19:16

年をとると「うつ病」になりやすいワケ…→若い人と違い「○○の死」が影響も

高齢者

高齢になると、慢性的な病気を抱えたり、心身の機能が次第に衰えたりして、必然的に抑うつを引き起こしやすい心理状態になるそうです。また、高齢者のうつ病は、大切な伴侶や身内、友人を亡くす、健康を失うなど、さまざまな喪失体験を背景にして発症することが多いといわれ、便秘や肩こり、眠れないなど身体面の症状を主に訴えることが多い一方、苦しいとか悲しいなど精神的なつらさを訴えることは少ないのが特徴だと、「熊本日日新聞」が伝えています。

高齢者のうつ病 喪失体験を背景に発症 - 熊本日日新聞 | This kiji is高齢者のうつ病 喪失体験を背景に発症 - 熊本日日新聞 | This kiji is

編集者:いまトピ編集部