2018/11/21 18:12

「○○がある女性は更年期が悪化しやすい」閉経前後10年は気をつけて

生理痛

更年期障害は、閉経を挟んだ前後10年くらいの間に、のぼせやほてり、顔が赤くなる、息切れ、イライラしやすい、発作的な頭痛、動悸がする、手足に汗をかくなどの症状があらわれます。更年期障害を軽減する方法は、日頃から適度な運動をすること。また、もともとストレスがあったり、気分が落ち込みやすく、気に異常が疑われる症状がある人は、更年期の症状も出やすくなっているので注意が必要だと、「gooヘルスケア ニュース」が伝えています。

更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる? - gooヘルスケア ニュース更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる? - gooヘルスケア ニュース

編集者:いまトピ編集部