2018/11/16 19:53

息子「ママ、○○できなくてごめんね…」”がん”と闘った5歳の男の子→「死ぬ間際の言葉」に涙がとまらない

子供

イギリスの5歳男児が辛い闘病の末、両親に見守られながらこの世を去りました。男児は乳児・小児に発生する稀な悪性腫瘍「肝芽腫」と診断され、肝臓に腫瘍ができた後すぐ肺に転移。病は幼い急速に蝕み、両親は医師から「余命は4~6週間」という宣告を受けたのです。海外で肝臓移植手術を受けさせるためには約1億2,500万円もの高額な費用がかかるため両親は寄付を募りましたが、残念ながら移植に必要な費用全額を集めることができませんでした。男児は亡くなる前、息切れしながらとても静かな声で「ママ、ごめんね…」と言ったと、「Techinsight」が伝えています。

【海外発!Breaking News】肝臓がんの5歳児、移植叶わず旅立つ 最期の言葉は「ママ、ごめんね…」(英) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト【海外発!Breaking News】肝臓がんの5歳児、移植叶わず旅立つ 最期の言葉は「ママ、ごめんね…」(英) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

編集者:いまトピ編集部