2018/10/22 18:00

「体内の○○が硬い人」は老けやすく、病気になりやすい

不健康

動脈硬化とは、悪玉コレステロールがたまり血液の通り道が狭くなったり、血管の弾力性が失われたりした状態のこと。動脈硬化が進行すると身体に酸素が充分に行き渡らなくなり、「脳卒中」「狭心症」「心筋梗塞」といったリスクが高まるのだとか。また、動脈硬化は健康上の問題だけでなく、見た目の悩みにも関わるそう。血管の弾力性がない人は、肌の色ツヤが悪くなり、代謝も落ちると、「ココカラnext」が伝えています。

血管の柔らかさと若さの関係|CoCoKARAnext(ココカラnext)血管の柔らかさと若さの関係|CoCoKARAnext(ココカラnext)

編集者:いまトピ編集部