2018/10/22 11:29

中国人「日本は人が多ければ多いほど、なんで〇〇になるの?」・・・国民の違いに「ビックリ」

電車

日本と中国の公共の場所で見られる「真逆の行為」に中国人が注目しているとサーチナが紹介。
中国人妻が日本の書店で本を購入し、大喜びで帰ってきたが、その理由は「書店で本にカバーを掛けてもらった」というものだったそう。書店で購入した本にカバーを付けてくれるのは、大きく分けて「宣伝」、「本の保護」、そして「プライバシーの保護」の3つの意味があるそう。中国との大きな違いは「どれだけ個人がプライバシーを重視しているか」にあると言います。日本人はエレベーターのなかではあまり会話をしないが、それは、「他人に自分の話を聞かれたくない」という気持ちがあるから。ゆえに日本では「電車など人が多ければ多い場所ほど、静かになる」と主張し、これは中国とは全く逆なのだそうです。隣の国でも大きく違う国民性。お互いの文化に驚きがありますね。

日本は人が多ければ多いほど「静かになる」のは一体なぜなんだ? =中国メディア-サーチナ日本は人が多ければ多いほど「静かになる」のは一体なぜなんだ? =中国メディア-サーチナ

編集者:いまトピ編集部