2018/10/21 19:44

40代で『閉経』に向かっていくと「カラダに起こること」・・・脳に影響で『パニック』も

生理

改めて知っておきたい「生理」のことを女性自身が紹介。
現代女性の生涯月経回数はなんと400回以上なのだとか。生理痛がひどくても育児は待ったなしですし、働く女性なら仕事の責任も重くなるころ。40歳ごろから、ゆっくりと体は閉経に向かっていき、40代後半からはいよいよ更年期へ。その時、カラダに何が起こるかというと、卵巣機能が衰えエストロゲンが一気に減少することで、卵巣に指示を出す脳の視床下部も『パニック』に。視床下部は自律神経とも深く関係しているため、更年期の症状は心身ともに多岐にわたって表れるとのことです。「女なら我慢できるだろ」は大間違い。みんなで理解できるよう努めましょう。

年代で見る「生理と生活」40代は更年期で「パニック」にも | 女性自身年代で見る「生理と生活」40代は更年期で「パニック」にも | 女性自身

編集者:いまトピ編集部