2018/10/19 15:24

「閉経後の◯◯不足」は「乳がんを招く」....リスクを高める可能性のある「NG行為」とは

がん

日本女性の11人に1人はかかる「乳がん」。発症するまで20年ほどかかるため、生活習慣との関連を検証するのは難しい病気ですが、最近その中でも「乳がんリスクを増加させる可能性があるもの」が分かってきているといいます。 【ほぼ確実にリスクが増加するもの】飲酒/喫煙/閉経後の肥満 【リスクが減る可能性があるもの】大豆イソフラボンの摂取/乳製品の摂取/バランスの良い食事/閉経後の運動 ——その他、高脂肪食品やストレス、電磁波などは「証拠不十分」で、まだどちらとも言えないのだそう。 早期に発見できれば約9割は治る病気なので、月に1回の自己検診と、40歳以上はマンモグラフィを定期的に受けるようにしてくださいね、と『ままのわ』が伝えています。

          乳がんリスクを『ほぼ確実』高める行為とは?|乳がんの予防と治療の新常識 | ままのわ      乳がんリスクを『ほぼ確実』高める行為とは?|乳がんの予防と治療の新常識 | ままのわ

編集者:いまトピ編集部