2018/10/17 13:38

「大事に○○○するね!」ママ友に思い出いっぱいの「息子のおさがり」を渡したら....かけてくれた「ひと言」が嬉しすぎた

育児

不妊治療と流産を経てやっと授かった息子の使い終わったベビー用品が、家の収納力の限界を突破したと話すママ。手放そうかと考えても、どれもこれも思い出が詰まりすぎていて無理だったそうです。 ちょうどその頃、お産を控えた友人の赤ちゃんの性別が「男の子」と判明。彼女におさがりとして渡すことを決意し引き渡すと、友人からこう言われたといいます。「また○○(女性)に赤ちゃんができたら、ウチの息子のもプラスして渡すから!大事に預かって使わせてもらうよ!」——一度手放したらもうさようならだと思っていた投稿者にとって、とても嬉しかったという「預かる」という言葉。彼女にお譲りできて本当によかった、と語っていると『ママスタセレクト』が伝えています。

おさがりを渡したいけど思い出がありすぎる……!友人がくれた優しい言葉 | ママスタセレクトおさがりを渡したいけど思い出がありすぎる……!友人がくれた優しい言葉 | ママスタセレクト

編集者:いまトピ編集部