2018/10/15 08:01

親が認知症で「正常な判断ができない…」→毎年○○万円の出費に「頭が痛い」

介護

親が認知症になると、その親は「正常な判断ができない」と見なされ、遺産相続、金融機関での取引、介護施設の契約にも応じてもらえなくなります。「成年後見人」を立てれば、本人の代わりに財産に関するすべての法律行為を行うことができるそう。しかし、多くの場合、成年後見人には家庭裁判所が選んだ弁護士や司法書士がつきますが、この費用が年間約24万円もかかると、「日刊SPA!」が伝えています。

            親が認知症で「後見人制度」を利用したら…深く後悔したワケ | 日刊SPA!        親が認知症で「後見人制度」を利用したら…深く後悔したワケ | 日刊SPA!

編集者:いまトピ編集部